フリーメーソンと世界革命15(現代文)

25.フリーメーソン及び世界戦爭

 

 

読者はここまで述べてきたことより、フリーメーソンは世界共和国の建設を目的とし、これを達成する手段として、いたる所で革命を画策している事が疑いないことと知ったであろう。そうであれば今回の大々的革命、つまり世界大戦についても、フリーメーソンには、きっとその責任があることは容易に推定できる所である。

平和主義者のフリーメーソンが世界平和の標語を民衆に説く一方にで、英仏のフリーメーソンは世界革命、即ち世界戦争を流布宣伝し、それに馴れさせるような政策を実行しつつあった。フリーメーソン社員ウィルヘルム・オール(かつては平和主義者であったが、今次大戦における経験の結果、ドイツ国民としての自覚を得た人)は、よくフランスの国民精神を心得て、躊躇なく言明している、「フランス民全部は、ドイツ国民を理解しようとしないだけでなく、極めて危険な偏見にとらわれて、アルザス問題を論議するのは、まるで子供が銃で遊ぶのに等しいものがある。且つドイツの事情について甚だしい誤解を抱いて居たため、フランス民全部は世界戦の責任を負わねばならない。そして一大勢力であるフリーメーソンは第一にこの責任を負うべきである」と。つまりオールは、単にフランスのフリーメーソンがこのフランス民の誤解を正し、世界戦争を抑止することに努力しなければならないと言っているが、実際にはオーストリア皇太子の殺害を画策したのは、フランスのフリーメーソンであることは知らないと見える。しかもオールといえども、フランスフリーメーソンが、ドイツの崩壊を確信して居たことについては認めて次の様に言っている。

「教育或るフランス人は、ドイツを以て粘土の足を有する巨像にたとえて、早晩崩壊すべき運命にあるものという見解を持って居た。彼等が、ドイツに関する新聞記事によって知ったところは、権勢欲に駆られて、領土を拡張しようとするカイザーの帝国主義と、社会主義的革命との衝突であった」と。

そしてフランスのフリーメーソンは、巧妙に此の革命を促進することを画策した。

当時フランスのフリーメーソンは、次の様に考えて居たらしい。「オーストリア皇太子の死と共に、すべての障害は取り除かれることになる。なぜなら八十四歳の高齢であるオーストリア皇帝は、衝撃の結果、これ以上生きながらえることは難しいだろうし、後継者は若年で無経験で余りにお人好しだ。要するに、オーストリア=ハンガリー帝国は崩壊する。ドイツもまた戦争を始めることはあるまい。なぜなら社会主義者や共和主義者はホーエンツォレルン家(皇帝)を廃して、君主主義に結末をつけ、それによって戦争を防止するだろうから」と。

ドイツ国の労働者が、革命を起こすことは、外国のフリーメーソンが、一般に嘱望(しょくぼう:前途・将来に望みをかける)し、且つ屡々言明したことである。要するにフリーメーソンは、世界共和国(建設)のために、世界革命を期待していた。しかも世界戦争そのものは、一つの悪事として寧ろこれを避けようと望んでいた。この行為は、丁度オーストリアの刑法にある「殺害の意思はなかったが、敵意を以て実行した行為のために、相手の人が死んだなら、その犯罪は殺人である」に該当する。(訳者註:フリーメーソンは世界戦争そのものを起こす気はなかったが、世界革命を望んだので世界戦争が起きた。つまり(結局)フリーメーソンが世界戦争を起こしたと言われても仕方がない)。

フリーメーソンの高級幹部は、「チェコ」、「ユーゴスラブ」、その他オーストリア=ハンガリー帝国内の異民族は皆蹶起(決起)するだろうと期待し、又社会民主党、両帝国の自由主義の新聞、及びドイツのフリーメーソンが、平和維持、戦争防止に尽力する事を計算して居たが、ただオーストリア皇太子の暗殺に対する民衆の激昂(激怒)だけは、彼らの予想外のことだった。チュートン民族の国ではラテン民族の国に比べ、政治的暗殺は極めて珍しい事なので、皇太子の暗殺事件は、大変な激昂を買い、オーストリア=ハンガリー国内のドイツ民族だけでなく、異種民族の一部にも、セルビアに対するオーストリア=ハンガリーの宣戦を自由のために当然の事と感じたのである。

フランスのフリーメーソンが戦争を欲し、且つこれを敢行したことについては、二つの主な原因がある。その第一は、ドイツ以外、一般のフリーメーソンの希望であった専制君主及び貴族を廃して共和政体に置き換えようとすること。第二はアルザス・ロレーヌの奪回であった。フランスのフリーメーソンが、復讐心の養成に努めたことは非常に顕著であって、組合の名称によって、アルザス・ロレーヌ奪回の理想を明確に維持しようとし、例えばアルザス・ロレーヌ復讐等の名前を持つものもある。因みにアルザスで仏語を話すものは僅かに4%で、ロレーヌでは29%以下で、1871年にフランス人としての権利を行使した者は、約3%に過ぎなかった。ところがフランスのフリーメーソンの高級の者は、この古代より純粋のドイツ人の国であったアルザス・ロレーヌの割譲を許すべからざる不当な事とし、今次大戦中にも「アルザス・ロレーヌ」、「ザール河谷」、「ライン地方」の併合を熱心に主張したのも、主としてフランスのフリーメーソンであった。1917年12月19日のハヴァス通信[1]は、フランスフリーメーソンの最高幹部の檄を発表した。これによると「フランスは各国民(敵国民を含む)の解放のために戦うのである。故にアルザス・ロレーヌを要求するのは、圧迫された権利を要求するのであって、両州の回復は安全及び幸福の象徴である」とのことである。つまり、今次の戦争は、フランス側がフリーメーソンの理想の下に実行したものである事を明瞭に告白しているのである。

ドイツフリーメーソンは、フランス政治家ポアンカレ、クレマンソー、ブリアン、デルカッセ等は結社員ではないと主張しているが、この方面を熟知するシーマン博士[2]、及びカール・ハイス[3]は、最近彼等がフリーメーソン社員であることを証言しているから、何も付け加える必要はなかろう。もっとも彼等がドイツのフリーメーソンが認めていない組合に属していたことは、あり得ることであるが、だから彼等は結社員でないとすることは出来ない。フランスの政治家の殆ど全部が、階級の上下の差こそあれ、いずれもフリーメーソン結社に属している事は事実である。政治家だけではなく、各方面の有力で、しかも高収入の地位は、主としてフリーメーソン社員の占め、高級軍人にも多数の結社員がある。フランスではドイツの倒壊を予言したものが少なくなかった。例えば1912年に発行されたド=シヴリュー少佐[4]著の軍事小説「ドイツ帝国の没落」では、ドイツはホーエンツォレルン三代目のカイザーと共に、仏露英ベルギーの協同作戦により、完全に倒壊するだろうと記述している。この著者は恐らくフリーメーソン社員で、民衆の思想を漸次恐るべき戦争に馴らすのを目的としたのではないかと思われる。事の成り行きを如何にも自然に、避けられない運命であるかのように見せるのは、フリーメーソンの慣用手段である。

フランスフリーメーソン第33階級ユダヤ人イサーク・クレミュー[5]は、普仏戦争の際も、ウィルヘルム一世の首に百万フランの懸賞をかけ、パリの組合が「ウィルヘルム」、「モルトケ」、「ビスマルク」の三人を、フリーメーソンの裁判にかけようとしたが、今次の世界戦争にも似通ったことがあった。フランスの新聞は筆を揃えて「ホーエンツォレルンがドイツに君臨する間は平和は成立しない」と書いたが、その後まもなく1912年4月に開かれたフリーメーソン会議の重要な議題は、「如何にしてドイツ内に君主政治反対の運動を起こすことができるか、世界平和の基礎はドイツ及びオーストリア=ハンガリー皇帝を廃することにある」と言うことにあった。この思想は極めて速やかに全世界に普及した。ドイツ国民の中にも、この思想が浸透し、先ず勝利に対する信念を失うに至った。当時の宰相ベートマン・ホルヴェーク[6]は、最初の時期にこの思想を防ぎ止めようと努めなかったことについて、責を負わねばならない。彼は自身フリーメーソン社員であった。

ドイツ・オーストリア両帝国の社会民主党は、平和を招き入れるためストックホルムに往来することを許された。彼等の持ち帰ったものは平和ではなく、純フリーメーソン式なる一新標語「民衆化」であった。即ち彼等は、敵国が日々吾人を滅ぼそうと計略しているさ中に、ドイツ・オーストリア両国に於て選挙権の民衆化を唱えた。ところが民衆化なる標語の背後には「共和化」、或いは「ドイツ・オーストリア両帝室出の君主を廃する」と言う真の目的があったのである。つまりこの標語は、パリからストックホルムを迂回して、ドイツに輸入され、半年後1918年正月末、ロイドジョージは英国下院で演説して言った。「最も信ずべき情報に依ると、ドイツ国内の革命は近づいた。協商国は確実に戦争の目的を達することが出来る。従って英国の戦争目的はドイツに知られることなく、完全に達成される事となる」と。オーストリア皇太子の暗殺、戦争の煽動は、パリのフリーメーソン中央部の画策した所であるから、彼等が「無併合無賠償の平和」に反対するのは勿論の事である。つまり、フランスフリーメーソンアルザス・ロレーヌの獲得及びドイツ共和国の建設のために戦争を起こしたのであるから、この二大要件を満たさない平和は、彼等の容認できない所である。ドイツが和平をしようとした意思が、フランスのフリーメーソン戦争継続の意思のために破られたことは、ベルンストルフ伯[7]が、調査委員会に於て平和の可能性について次のように説明したことを見れば明瞭である。「1916年1月米国のハウス大佐は二回目のベルリン訪問をしたが、彼は帰還後、私に対し、平和に対する主な反対はパリにあることを説明した。この証拠に依り、フランスフリーメーソンの戦争に関する働き振り、及びその戦争に関する責任は明瞭となった訳である。

イタリアでは、フリーメーソンが世界戦争の開始を促進した事実を、特に明瞭に見取ることが出来る。1902年、イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ三世が、伊仏の接近を図った時、既に三国(独墺伊)同盟は、少なからぬ打撃を蒙った。この際伊仏の接近を画策したのは三人のフリーメーソン社員、即ち伊国宰相ザナルデリ[8]、駐伊フランス大使バレール[9]、及びフランス外相デルカッセであった。次いで1914年4月3日、伊英仏間の協定は、独墺両国の包囲を完成したもので、ニューヨークヘラルドのパリ版は、当時ロシアは動員を実施して居たことを報告している。この協定に参与した者も、皆フリーメーソン結社員たるイタリアのサンジュリアーノ[10]、フランスのポアンカレ、及び英国のエドワード・グレイ[11]であった。

オーストリア皇太子暗殺の翌日(1914年6月29日)、イタリアのフリーメーソンは集会を開いて、新たに生じた世界の情勢について協議し、越えて同年7月31日伊国内の460個の組合に対して通牒を出し、イタリアのフリーメーソンは、世界のフリーメーソンの一致決議した原則に従い行動することを告知した。その意義は欧州の「貴族主義国」即ちドイツに対し敵対することにあった。これと殆ど同時にスウェーデンフリーメーソンの長たる同国王グスタフ五世は、イタリア王に電報して、イタリアの独墺側に加担しないことを切望した。1914年9月6日、イタリアのフリーメーソンの長フェラーリ[12]は社員に対し、イタリアは好機に接し参戦することで、国民を戦争に対し準備することを訓示した。同年9月13日には、反オーストリア的大示威運動が行われ、トリエステ及びトレンティーノ[13]の獲得を高唱した。その主な演説者は、結社員シヴィニーニ[14]であった。同年11月、ドイツの前宰相ビューロー公が、伊墺間で、トレンティーノのイタリアへの割譲をオーストリアに斡旋した時、これを妨げたのはフリーメーソンであった。

1914年12月3日、後の首相で結社員であったサランドラ[15]は、内国に於て、イタリアは旧欧州の改造に際し、重大な要求をしなければならない、と語った。イタリアで参戦の煽動を行ったのがフリーメーソンに限られたことは、同国内でも認められていることで、現に参戦反対の新聞ヴィットリア[16]は、1915年3月初め「フリーメーソンは、1870年以来国家の解体を進めているものであるが、今やフリーメーソンの始めた戦争に、我々を引き入れようとしている。彼等はパリやロンドンのフリーメーソンから命令を受けているのである」との記事を掲げた。無所属の人々に対し、イタリアのフリーメーソンは、暴力的手段を用いた。例えばジョリッティ[17]はローマでの生命の安全を期することが出来なくなり、イタリア参謀総長ポリオ将軍[18]は戦争反対論者であったが、不意に変死を遂げた。中立の新聞は徐々に少なくなった。この後戦争まで、既に多くの新聞は駐伊フランス大使バレールの媒介で、多額の買収金を受け取った。イタリアの社会主義者ベンチーニ[19]は、内国に於てフランスは戦争前既にイタリアの新聞のために、2,500万リラを支出したことを主張したが、誰も之を否認するものはなかった。[20]

伊国フリーメーソン社員第33階級ヴァカルッチ[21]博士は1915年3月10日マッツィーニの命日(マッツィーニは1872年3月10日に死せり)に際し激烈なる戦争演説を行い、マッツィーニのプログラムを回想し、我々は彼の遺業を完成せねばならぬと述べた(トリエステトレンティーノの占領を意味する)。

参戦宣伝が最高潮に達したのは、1915年5月5日、ジェノヴァの附近で行なわれた参戦大示威運動(デモ)当日であった。ガブリエーレ・ダヌンチオ[22]は戦争演説を行い、イタリアの493個の組合は全部その旗を以てこれに参集した。その後三週間を経ずにイタリアの対オーストリア戦線の実現を見るに至った。1916年5月24日参戦一周年記念日に際し、いたりあのフリーメーソンの長たるフェラーリは明瞭に説明した。「宣戦はイタリアのフリーメーソンの命令に基づいて行われた」と。この言葉はやや異様に聞こえるかも知れないが、当時のイタリアの首相として、イタリアの中立を宣言したサランドラはフリーメーソン社員で、フェラーリの命令に従うのは当然の事だったのである。以上によりイタリアをして参戦せしめたのは、全く国内フリーメーソンの力であったことを知ることが出来る。

今次の世界大戦間、フランス系スイス人が全力を挙げてイタリアに加担したのに反し、ドイツ系スイス人はドイツに対し余り同情を表わさなかった。これについてもフリーメーソンの影響を看過することは出来ない。スイスには総計35個の組合があるが、その内ドイツの組合は11個、フランスのが23個、イタリアのが1個である。又組合員4,300人中、ドイツ人は1,500、フランス人は2,700、伊国人は100名である。スイスにおけるこの三国人の人口比は、独64%、仏28%、伊8%であるが、フリーメーソン結社員の比は、仏64%、独34%、伊2%である。このようにフランスのフリーメーソンの数の勝っていることは、大戦間のスイスフリーメーソンの態度に照応しているのである。ベルギーの親仏的態度も主としてフリーメーソンの仕事である。同国国王アルベールは、フリーメーソン社員であるが、同国のフリーメーソンは、世界の共和政体を理想としている。

スペインでも、フリーメーソンは1914年以来百方同国の参戦を促す努力をした。1917年8月下旬、マドリードその他の各地で行なわれた参戦要求の示威運動では、400人の死者を出す程の騒動を演じた。而も労働階級がフリーメーソン指導の下に対独開戦を主張したのは、オーストリア=ハンガリー国の労働者が、同じくフリーメーソンの指導を受けて「平和」を要求したのと対比し、誠に面白い現象と言わねばならない。これらは、全く両帝国を倒して共和国に変えてしまおうとするフリーメーソンの希望に出でたことである。

スペインが戦争の惨禍を蒙らずに終わったのは、主として親独家たる同国首相マウラ[23]と、同国王との功である。これも戦争を扇動するものは帝王ではなくて、フリーメーソンであると言いうことに対する一つの例証である。

ポルトガルでも、フリーメーソンは開戦以来、親仏的な世論の喚起に努めた。中立の同国人社員の一人[24]は言った。「英国(の組合)はドイツの勝利が自由の喪失を意味することを宣伝し、この目的のためポルトガルに2500万[25]の金を投入した。金は世論以上の仕事をする。何となれば世論とは、新聞のことで、新聞は金でどうにでもなるものだからである」と。実に英国は同一手段を全世界に施し、且つ成功した。

1915年5月中旬、リスボンで行なわれた革命は英国の金でフリーメーソンの行った威力行為であって、その目的はポルトガルの大戦参加を実現させることにあった。

フリーメーソンが戦争を扇動した一つの好適例を示せるはルーマニアである。1913年夏ルーマニアギリシャセルビアに、対オーストリア秘密同盟が成立した。ルーマニアのコアンドラ将軍[26]は、1914年1月に言った「ルーマニアルーマニアセルビア両国の砲をハンガリーに送り、且つ数百年来我々の領土たるかの(ハンガリー内の)地方を併合するため、既に所要の措置を取った」と。ルーマニアでも戦争扇動者はフリーメーソン社員であった。戦争勃発当時、同国には16個の組合があって「内5個宛はフランスおよびイタリアの大組合に属して居た。前のルーマニア王カロル[27]は、中欧両国の味方であったが、1914年10月11日、毒を入れたコーヒーで殺された。これにより戦争扇動者は勝ってがってに振舞うこととなった。新たに立った女王は、英国の王室出身で、戦争扇動者の一人であった。

同国にドイツ人(フリーメーソン)の一組があって、フランス式の名称を有し、フランスの大組合に属して居たが、大組合はこれをドイツ人の組合と知らずにルーマニアに反ドイツ気分を煽るべき記事(同文通牒)を送付して来たり、新聞に広告する要求して来たりした。組合はこれを拒絶し、それ以後佛組合との関係を絶った。これはフランスのフリーメーソンの戦争煽動の一好例である。

ギリシャでも戦争煽動を行ったのは、フリーメーソンであった。結社員ヴェニゼロスは、1914年の冬以来、ギリシャを対独墺戦争に牽(ひ)き入れようと努めた。協商側は彼を介して色々ギリシャを誘惑すべく試みた。即ち1914年11月22日にはアルバニアのトルコ領をギリシャに与えることを約し、1915年1月12日には、小アジアの沿岸に領地を得させると言い、次にはキプロス島までも与えると約したが、コンスタンティノス王が、その国民のため平和を維持することに努め、ウエニゼロスを却(しりぞ)けたので、上述の様な誘惑は不成功に終わった。そこで協商側は、コンスタンティノス王に対し、脅迫的態度をとるに至り、結局1917年6月11日、英仏海軍委員はギリシャの首相に対し「国王が退位しなければアテネ市を廃墟と化すであろう」との英仏の最後の通牒を交付した。コンスタンティノス王は遂に退位し、ヴェニゼロスは同月28日執政官となった。

英国、即ち最高の大組合、又は世界組合の目的は、全世界の支配である。かの有名なセシル・ローズ[28]はかつて言った。「アフリカ全部、パレスチナ、ユーフラテス河谷、南米全部、太平洋上の諸島嶼、蘭領インド、支那の海岸、及び日本、並びに北米合衆国は英領とならねばならない。そうすれば世界に戦争はなくなるだろう」と。英国フリーメーソンの傑物ロード・キッチナー[29]は1911年に説明して言った。「欧州に於ける英国の国境は、運河に非ずしてマース河[30]の線である」と。これ等英国フリーメーソンの計画は、非常に冒険的に聞こえるが、世界戦の結果、彼等は著しくその目的に近づくことが出来た。ロイド・ジョージは、1917年6月末この計画の精神に於て、ドイツ植民地のメソポタミア、及びアルメニアを英領にするように要求した(丁度この時独露両国の社会民主党ストックホルムで無併合の平和について協議して居た)。そして1917年、英軍がパレスチナを占領した時、ロイド・ジョージは、英国下院で、英国は決して再びパレスチナを手放さないと声明した。英国では、領土の獲得と、フリーメーソンとは密接な関係があって、英国領土の拡張と、英国フリーメーソンの発展とは相互に輔(たす)け合っていると言うことが出来る。*かつてのキリスト教とスペイン・ポルトガルの関係を彷彿させる(燈照隅コメント)

英国の大を成したのは、フリーメーソンの事業であるとは、英国人自身の言う所である。英国の将帥、占領者は、すべてフリーメーソン社員であった。例えばゴードン将軍[31]ボーア戦争司令官ロード・ロバーツ[32]、南ア高級委員のロード・ミルナー、今次世界戦におけるフランス将軍、ロード・キッチナー等は何れもフリーメーソン社員である。従って英本国及びその植民地には、これらの人々の名を冠した組合が多数にある。全世界に行き渡っている英国組合は、英国の帝国主義の爲に尽くしたのであって、今次の大戦間、英国の組合はローマ、パリで開かれたラテン・フリーメーソンの政治的な会議に加わった。このようにしてイタリアの参戦以前、英・仏・伊三国のフリーメーソンの高級幹部の間には、政治上の談合が行われたのである。(1915年2月12日、パリにおける協商側のフリーメーソン最高幹部の会合に於て、イタリアの参戦を決定した)。

英国フリーメーソン内のユダヤ主義の影響については、既に書いたから、ここでは、英国では多数のユダヤ人のフリーメーソン社員が貴族、に列せられその一部の者は同国上院議員になっていることを記すだけに止めておく。例えばロード・ビーコンスフィールド[33]、ロード・ロスチャイルド[34]、デーリーテレグラフ新聞社長ロード・バーナム[35]、ロード・ノースクリフ[36]その他である。これら猶太人の貴族連が、英国のフリーメーソン内で特殊な地位を占めていることは、多数の組合がこの人々の名称を冠しているのを見てもわかる。英国におけるユダヤ人のフリーメーソン社員が、ドイツを憎悪して居たことは、ノースクリフの新聞に依るドイツ攻撃を見れば明瞭である。

王室とフリーメーソンとの関係が密接であること、英国のごときは世界にその比がない。故エドワード七世も、現在のジョージ五世も、フリーメーソン社員である。もっともエドワード七世の崩御の後は、コンノート大公が、大棟梁となっているので、ジョージ五世は、フリーメーソン内では余り重要な役目を持っていない。皇太子プリンス・オブ・ウェールズもすでにフリーメーソン社員となった。彼は1919年6月27日に行われたフリーメーソンの戦勝祝賀式に参列した。英国の政治家は全部フリーメーソン社員である。

英国の世界強国政策を促進するため、1885年にEmpire Lodge No.2108が組織され、ザンジバル国王[37]ジョホール国王[38]等もその会員となった。第二回日英同盟の締結に主として参与した日本政治家林氏(林 董子爵)も、またこの組合に加入した。世界戦に際し、インドの王侯が、英国側に付いたことについては、この組合の活動の結果による所が多い様である。世界戦における協商側の戦勝は又英国の新聞雑誌記者組合の活動に負う所が大きかった。この種のある組合[39]の一領袖カルヴァート[40]の言ったことは本当である。曰く「ペンを以てする新聞は、その方法と同じく重要である。故にこのロッジの会員は、フリーメーソンの原則の防禦のために、その最後の一〇(インキの)に至る迄を注ぐことを覚悟している[41]」と。

この世界戦争が、明瞭にフリーメーソンの戦争であったことは、英国のフリーメーソン新聞の自ら言う所である。彼等はこの戦争は貴族主義・専制政治オートクラシー、即ち両帝国)と民主主義・民主政治との決戦であったと主張しているが、実際は彼等ドイツのカイザーのため脅威を受けたと称する民主政治のためではなく、却って世界資本主義の専制政治のために戦ったのである。民主政治とは、何ぞやの問いに対し、英国の代議士ポンソンビー[42]は、下院に於て次の如く言っている。「デモクラシーとは国家の統治に、決定的に参与する、教育完全にして、その政治上の自己の地位を自覚せる国民の政治的状態である。我が英国人は、このような状態には未だ中々達していない。我等は戦争前にもこのようなデモクラシーは有していなかった」と。

デイリー・テレグラフ新聞も英国民は英仏協定、日英同盟、英露協約について何等関与する所なかったことを認めている。曰く「これ等はすべて英国政府の締結したもので、国民は締結に先立ち、この種のことが考慮されていると言いうことさえも知らなかったのである。英仏露は1913年秘密協約を結び、ドイツと戦争の際、フランスの獲得するべき土地(アルザス・ロレーヌ、ライン等)を協定した。英国のタウンスヘンド将軍[43]は、英仏露及びベルギーの軍事全権間にドイツを滅ぼすべき秘密軍事会議が行われ、将軍もこれに参列したことを語った。英国の開戦後第一週中に15万人をベルギーに上陸させ、かつ直ちにベルギーの軍属と共に、ライン地方に侵入すべきことが定められ、同時に仏軍はフォゲーゼン[44]を超え、露軍は東プロシャを経て進撃することになっていた。既にその時(開戦の一年前)、ボーア人[45]に対し、その援助の報酬として、ドイツ領南アフリカを与えるべきことを約した。

他の一証を挙げれば、英国の前陸相ホールデン卿(Lord Haldane)は、1915年7月15日、ロンドンにおける演説の際、英国に目立たぬ様に、ドイツとの戦争のための準備をさせたことを以て、自己の功績としている。英国労働者の指導者マクドナルド[46]は、戦争勃発直後、英国外務大臣グレーに対し、グレーが1906年以来、ドイツとの戦争を準備し、且つこの際協商側は、少しもベルギーの中立のことを気にしないのを当然の事と考えていたことを非難した。国境要塞モブージュ[47]が、既に1913年に充分に英仏の弾薬を持っていたことは注目に値する。

英国の大組合は、戦争勃発後直ちにドイツ出身の会員を全部追い出し、サンダーハムの領事であったドイツのフリーメーソン結社員に対し、反逆罪の名のもとに死刑の宣告をした(が、これは恐らく非合法である)[48]。英国大組合は、ラテン民族のフリーメーソン会議には常に全権代表者を送ったが、ドイツの平和提議は侮辱を以て突き返した。英国フリーメーソンは、逐次各国特に米国を戦争に引き入れることに全力を尽くした。戦争前英帝国内のフリーメーソン社員の数は、25万乃至30万であったが、戦争中に45万に上った。この様な激増をしたことについては、英米フリーメーソン新聞が自ら言うように、今次の大戦はフリーメーソンの戦争であることに考え及んだならば、自ら合点の行くことである。

英国フリーメーソンの平和祝賀会は、事実上盛大なる戦勝祝賀会であった。この日は1914年6月28日より、満五ヶ年に当たる1919年6月27日と定め、ロンドンのローヤル・アルバートホールで行われた。8,500人の社員は室に溢れ、カナダ、ニュージーランド、豪州、南支那、セイロン、英領ギニア島の大組合の多数の代表者も、これに参列した。米国の16個の大組合も、高級幹事を代表として、式に参列せしめた。寔(まこと)に未曽有の英米フリーメーソンの一大観兵式とも言うべきものであった。

中欧強国を撃滅しようとした世界組合の計画が成功した後、次に来るべきものは、英国、ユダヤ、米国の指導の下における世界フリーメーソンの世界統治であって、今日既にその兆しが認められるのである。

世界フリーメーソンの関係について深刻な研究を遂げ、崩壊した各国の廃墟の上に世界共和国を打ち建てようと、世界革命、つまりは世界戦争を起こしたところの本来の力が世界フリーメーソンであることを知るに及んで、我々はドイツのフリーメーソンに対しても、不満の念を禁ずることが出来ない。ドイツのフリーメーソンは、その一員たる「オールOhr」の言及に依れば、高き理想に憧憬する余り、現実を見失ったとのことであるが、私はドイツの「フリーメーソン」が「ラテン」民族の大組合の、政治的革命的性質を承知していたはずであるにも拘らず、これと関係を保持するに至ったのは、ドイツ人の馬鹿正直のなせる所だと言わざるを得ない。1913年8月、ハーグに於て開かれたフリーメーソン平和会議で、ベルギー結社員が、仏独両国民の接近を妨げるものは、ドイツの軍国主義であると言い、且つドイツフリーメーソンの任務は、ドイツをして再び哲学者、詩人、芸術家の国民たるべき古代の理想に引き戻すことにあると言ったのに対して、ドイツの結社員は当然、フランスが三年兵役を採用して、ドイツに軍備拡張を余儀なくさせたことを指摘すべきであったにも拘らず、何等これに対し抗議する所がなかったのは、フランスフリーメーソン社員の意見に賛意を表したものと言わざるを得ない。のみならず、フランスのフリーメーソンの政治的精神に眩惑されて、ドイツ国内に革命を起こし、或いは少なくともこれを促進する考えであったとみるほかはない。ここに、戦時中ドイツのフリーメーソンが取った曖昧な態度、並びにフランスのフリーメーソンの攻撃に対するその防禦の薄弱であった原因を理解することが出来る。

米国には、60個の大組合があって、その下に14,000個の組合があり、棟梁会員(マスターメーソン)(第三階級以上)だけでも170万人に達している。その外ほかフリーメーソンと関係ある秘密結社の会員数は約400万人ある(ドイツの大組合同盟の承認しているものは大組合16、会員約50万人である)。有色人種の大組合は32個あって、組合は約千個である。以上の数字を見ただけでも、米国におけるフリーメーソンの価値を知ることが出来るであろう(ニューヨーク州だけの会員数92,460人である)。(セオドア・)ルーズベルトが、フリーメーソン社員であったことは人の知る所であるが、ウィルソンが同社員であるかどうかについては、色々説があったが、米人の證明する所に依れば、彼もブライアン(William Jennings Bryan国務長官)も共に確実に社員である。色々矛盾した報道があるのは、主にドイツ側の承認していない大組合に属する者についてである。米国で有力な地位にいる人は、大概は社員である。何となれば、米国では社員でない者は、政治上でも、実業上でも、発展を遂げることが殆ど不可能であるからである。米国議員の三分の二(232名)は、フリーメーソンであり、元老院(上院)でも、フリーメーソン社員が過半数(48名)を占めている[49]。米国フリーメーソンの態度は、大戦の初期においては不定であった。例えば兵器弾薬の輸出について、最初は猛烈な反対があったが、間もなく共和国としては、共和政体、及び各国民の融和に賛成する連合国の方に加担するほかはないと言う思想が優勢となった。もっとも連合国の一員として、ツァーリのロシアがあると言うので、これに反対する者も少なくなかったのは事実である。だから第33階級の「モーア」は、慎重の態度をとり、まず次の様な事を言った。「我々はドイツ国民に対しては、最大の敬意を表するものである。……併しながらフリーメーソン軍国主義には反対であって、且つ米国人の理想は国王神権なるものを尊重しない」(1915年10月ワシントンフリーメーソン新聞The Newage)と。これに対しドイツ系米国人フリーメーソン社員中、誰も反対する者がなかった。そこで徐々に反独的煽動が始まった。例えば「欧州連邦の建設によって、永久に戦争を予防することが出来る」。或いは「フリーメーソン」は正義権利及び真理のための戦争の先駆者として、世界同胞の黄金時代を迎えるであろう」。などの宣伝が行われた。これは米西戦争、あるいはフリーメーソンポルトガルに、内戦や、政治的殺人の絶え間ない事などを引合に出すまでもなく、馬鹿げ切った事であるが、事実に於ては非常に効果があったのである。フリーメーソンは、この様にして徐々に米国大戦参加の素地を作り、1915年2月には、イタリアの大棟梁「フェラーリ」「ナタン」の両人は、イタリア政府の委任を受けて、米国に渡航し、数か月間同国に滞在して、反独墺熱を煽り、且つ米国を大戦に引き入れることに努めたのであった。米国フリーメーソンは世界大戦の結果に甚大なる寄与をしていることは、どれほどフリーメーソンが大戦間その会員の増加に非常な努力をしたかによって知ることが出来る。つまり戦争中だけで、大体50万人の会員を増加し、現在会員は計200万に達している。フランスの歴史家ハノトー[50]は、次の様に記述している「1914年マルヌ戦の前にフランスの人心萎縮し、多数の政治家はすぐにドイツと講和することを希望した時にあたり、三名の米国使節はフランス政府に対し、戦争継続を希望すると共に、米国も戦争に参加することを約し、且つ米国には目下の処、米国の参戦を希望する者は、五万人しかないが、やがては一億に達するであろうと述べた」と。尚最近ウィルソンの上院における説明中、彼は如何なる状況に於ても戦争に参加したであろうと述べた。即ち潜水艦戦(Uボートによる攻撃)が無くても、米国は参戦したであろう。なお、西部戦線における軍隊中、米国フリーメーソン社員の数は、25万に達したことは注意に値する。米軍総司令官「パーシング」将軍は、同じく結社員である。それでフランスのフリーメーソンは、権利擁護の戦争のために欧州に来たパーシング将軍[51]、及びその勇敢なる部下に対して「サン=ミエル[52]」における美事なる戦勝を称賛した。

今次の世界大戦は、フリーメーソンの戦争であったと言っても決して過言ではない。米国及び英国のフリーメーソン新聞は、当に世界戦争は純然たるフリーメーソンの戦争であって、その理想のために行なわれたものだと主張している。

ケベック」(カナダ)の大組合は1917年年報に、米国フリーメーソンは、世界戦の最初より協商側であったと記述している。又ロンドン発行のフリーメーソン新聞The Freemasonには「開戦後第一週に於て、米国フリーメーソン大会は、英国及びその味方にできる限り援助を与えることを決議した」と報じ、また同紙は、次の様に書いている。「米国の結社員は、200万人以上に達し、而もその各社員は該結社が共和国の安全及び存立上、如何なる価値を持っているかをよく承知している。世界戦争は、貴族主義と民主主義の戦いであって、世界の将来は民主的となるであろう。これはドイツのカイザーがこれを知っているかどうかに関わらないのである」と。

国労働同盟首領サミュエル・ゴンパースの米国における勢力は大したものである。彼は富豪で、フリーメーソン社員で、ユダヤ人である。彼は米国労働者の間に少しでも戦争反対の気分が見えると、すぐこれを抑えつけた。米国のユダヤ人は、皆心身を挙げて協商側となり、対独戦争に従事するとは、ある有力なる米国ユダヤ人(オスカー・ストラウス[53])の言であった。

北米、中米、南米の諸国を通じ、二三の例外を除く外、相次いでドイツに対し宣戦布告した。そしてこれ等諸国の参戦に最も力を出したのは各国のフリーメーソン社員であったことは、米国(北米合衆国)と全くやり方が同じである。アフリカの黒人共和国リベリアがドイツに対し、宣戦するに至ったのも、同国フリーメーソンの力であって、又同国はかの偽善者ウィルソンのため、米国側に立って参戦するか、その独立を失うか、二者択一を迫られたのであった。支那の参戦も、英米フリーメーソン系の政策に基づくものである。北京には、高級組合があって、支那の有力者はこれに加入し、同組合はワシントンにある高級第33階級社員の団体に属し、この団体は米国政府と密接な関係を持っている。その他、支那には英国の大組合に属する二十数個の組合がある。

日本には、英国系統のフリーメーソン結社員がある。即ち英国大組合に属する4個の組合のほか、横浜、神戸、長崎に各一個ずつのスコットランド組合がある。林子爵が結社員であったことは有名なことだ。タイはドイツとは常に良好の関係にあって、何等戦争の原因たるべきものはなかったに拘らず、やはりドイツに対し宣戦した。英国が、各国の有力者と親密な関係を保持するために、世界各地の貿易拠点に、自国の組合を配置していることは人の知る所で、タイもその顕著な一例で、同国の財政は、英国人が監督の任に当たっている。要するにアジアの大部もドイツに対し敵対の関係に立ったものであって、これは主として組合の事績であったのである。

現時政治に関するスコットランド式高級フリーメーソン(即ちグラントリアンConseil Supreme(フランス大東社最高会議))のある国は、総計31か国であって、内27か国は、独墺に対し宣戦した。残余の四か国は、ドイツ、ハンガリー、ボリヴィア、アルゼンチンである。英米フリーメーソン新聞が、今次の世界大戦を、フリーメーソン戦争だと称しているのは正当の事である。即ちこの戦争の動機であったオーストリア皇太子の暗殺は、フリーメーソンの仕事で、各国宣戦の動機となったものも、フリーメーソンの力が主であった。彼等は、戦争の目的は貴族主義国家、君主国の没落、ドイツミリタリズム(軍国主義)の倒壊にあることを唱え、大戦の結果は、彼等の希望通り、オーストリア=ハンガリーの崩壊による、ハプスブルグ及びホーエンツォレルン両王家の駆逐、アルザス・ロレーヌの奪還、ライン地方の分離、ポーランドの新設、トルコの分割等となったのである。

 

[1] Havas ハヴァスは1835年創立のフランスで最初の報道局。AFP もここから派生した。1998年にVivendi に買収された。

[2] Dr. Theodor Schiemann(1847~1921)はドイツの歴史家。バルトドイツ人の家系に生まれた、保守的国家主義的思考の、プロテスタント

[3] 原文カールハイゼ。Karl Heise(1872~1939)は、神秘主義的、陰謀論的作品で知られるドイツの人文科学者。「協商のフリーメーソンと世界大戦(1919)」は反ユダヤ・反メーソンの陰謀論の古典。

[4] Louis Marie Sylvain Pierre Larreguy de Civrieux(1859~1941)ド=シヴリュー少佐はフランスの作家。

[5] 原典:Isaak Cremieux、原文イ・クレミエー。Isaac Adolphe Cremieux(1796~1880)は、1830~40年代の政治犯裁判で名を馳せたフランスの弁護士、政治家。1848年の革命後、臨時政府の法務大臣、1871~1875年国民会議代理、1785年以降終身元老員議員。

[6] 原文:ベートマンホルウェヒ。Theobald Theodor Friedrich Alfred von Bethmann Hollweg(1856~1921)はドイツ帝国第五代宰相。

[7] 原文:ベルンスドルフ伯。Johann Heinrich Graf von Bernstorff(1862~1939)はドイツの政治家。プロシャ王国で最強の政治家の息子。父親が1862年より英国大使となったので、1873年の父の死まで英国で過ごした。1908~1917年駐米大使。1887年、父の反対で出来なかった結婚をビスマルクの計らいで実現した。配偶者はニューヨークの裕福な絹商人の娘だった。

[8] Giuseppe Zanardelli(1826~1903)フリーメーソン

[9] 原文:パレール。Camille Barrère(1851~1940)バレール。駐伊フランス大使。フリーメーソン

[10] 原文:サンギュラノ。Antonino Paternò Castello, Marchese di San Giuliano(1852~1914)マルケゼ(侯爵)・サンジュリアーノはシチリアの古い貴族の家系に生まれ、1909~10在仏外交官、1910~14年イタリア外務大臣フリーメーソン

[11] Edward Grey, 1st Viscount Grey of Fallodon(1862~1933)初代ファロドン・グレイ子爵は、英国の政治家。

[12] Ettore Ferrari(1845~1929)はイタリアの彫刻家。イタリア大東社の大棟梁。

[13] 原典:Triest und Trient。トリエステアドリア海港湾都市。トレンティノ=アルト・アディジェは長くオーストリアの領土であったイタリア北東部の州。

[14] Guelph Civinini(1873~1954)はイタリアの作家・詩人・ジャーナリスト・探検家。フリーメーソン。 

[15] Antonio Salandra(1853~1931)はイタリア保守の政治家。1914~16年第33代首相。彼はイタリアの領土恢復主義に立って、第一次大戦で協商側に就くことを確約した。 フリーメーソン

[16] Vittoria(イタリアの新聞社、詳細不明)

[17] 原文;ギオリッチ。Giovanni Giolitti(1842~1928)はイタリアの自由主義的政治家。1892年~1921年まで断続的に5回に亘って首相を務めた。ファシズム台頭期にはこれに協調的であったが、のちに反対者となる。

[18] Alberto Pollio(1852~1914)はイタリアの将軍。1908年よりその死までイタリア陸軍参謀総長を務めた。

[19] Genuzio Bentini(1874~1943)はイタリアの弁護士、政治家。社会主義者フリーメーソン

[20] 「Internationale Rundschau」チューリッヒ、1917年11月。

[21] Vaccaluzzi(詳細不明)

[22] 原文:ガブリエル・ダヌンチオ。Gabriele D'Annunzio, Prince of Montenevoso, Duke of Gallese(1863~1938)ガブリエーレ・ダヌンチオ・モンテネヴォーソ公・ガレーゼ伯はイタリアの詩人・劇作家・ジャーナリスト。第一次大戦に従軍。1914年以降政治家としても活躍。自身ファシストと宣した事は無いがその思想はムッソリーニに影響を与えたと言われている。フリーメーソン

[23] Antonio Maura Montaner(1853~1925)はスペインの首相を1903~04、1907~09、1918、1919、1921~22の期間、五回務めた。常に憲法を守り、スペイン特有の悪い政治風土を避けて議会制度を守った首相。マウラはフリーメーソンではない(原典脚註)。

[24] 原文:エルプリウアー。原典:El Privaz。引用元のカール・ハイスの「協商フリーメーソンと世界大戦」を読むと、英国のロッジが金を積んでポルトガルのロッジに働きかけていることが読み取れると共に、このEl Privaz と言うのは特定されない一個人、程度の意味であることが分かる。それで、「社員の一人」とした。

[25] 原文は二百五十萬。原典は25 Millionen なので、2500万の間違いと思われる。

[26] Constantin Coandă(1857~1932)はルーマニアの兵士で政治家。将軍まで上り詰め、1918年には短期ルーマニアの首相兼外相となった。息子の一人は数学者でコアンドラ効果で有名。

[27] カロル一世(1839~1914)は本名Karl Eitel Friedrich Zephyrinus Ludwigでホーエンツォレルン家の侯爵の息子。ルーマニア公(1866~1881)、ルーマニア王(1881~1914)。正史には毒殺のことは一切触れられて居ない。

[28] Cecil John Rhodes(1853~1902)は英国の植民地政治家。南アフリカの金・ダイヤモンド鉱山で巨富を得て英国のアフリカ植民地政策の一翼を担った。嘗てのローデシア(現ジンバブウェ)は彼の名前から命名された。

[29] The Right Honourable Horatio Herbert Kitchener, 1st Earl Kitchener(1850~1916)は英国の陸軍軍人。最終階級は元帥。初代キッチナー伯ホレイショ・ハーバート・キッチナー。第一次大戦中、陸軍大臣で死去。

[30]マース川(オランダ語:Maas、フランス語:Meuse ムーズ)は、フランス北東部を水源としベルギーを流れオランダで北海へ注ぐ川である。 9世紀頃よりアルザス、ロレーヌ地方がフランスに併合されることとなるヴェストファーレン条約が締結された1648年まで、神聖ローマ帝国の西の国境線がこの河川であった。

[31] Charles George Gordon(1833~1885)英国の軍人。太平天国の乱の時、民兵組織の常勝軍を率いて活躍、その後、スーダンハルツームで戦死。

[32] Field Marshal Frederick Sleigh Roberts, 1st Earl Roberts(1832~1914)初代ロバーツ伯爵・陸軍元帥。

[33] ヴィクトリア女王の寵愛を受けた首相ベンジャミン・ディズレーリのために1876年に創設された称号。

[34] Nathaniel Mayer Rothschild, 1st Baron Rothschild(1840~1915)英国の銀行家・政治家・初代ロスチャイルド男爵

[35] 原文:バーンハム。Edward Levy-Lawson, 1st Baron Burnham(1833~1916)本名エドワード・レヴィ‐ローソン。初代バーナム男爵。

[36] Alfred Charles William Harmsworth, 1st Viscount Northcliffe(1865~1922)本名アルフレッド・ハームズワース。初代ノースクリフ子爵。1896年5月にイギリス最初のタブロイド紙『デイリー・メール』を創刊、1903年には『デイリー・ミラー』を創刊し、『ザ・タイムズ』と『オブザーバー』を買収した新聞王。輿論に多大な影響を与えた。

[37] Sayyid Faisal bin Turki(1864~1913)ザンジバルタンザニアの沖にある島でイスラム系スワヒリ文化の地域。16世紀ポルトガル、17世紀以降オマーン帝國が支配していた。19世紀になり、英国の保護下に置かれた。

[38] Sultan Sir Ibrahim Al Masyhur Ibni Almarhum Sultan Abu Bakar Al-Khalil Ibrahim Shah(1873~1959)は22代ジョホールのスルタン。ジョホールマラッカ海峡周辺のマレーシア側の地名。

[39] ロンドンの「Gallery Lodge No. 1928」や「Fratres Calami Lodge No. 3791」等の組合のこと。(原典より)

[40] Albert Frederick Calvert(1872~1946)は英国の著述家、技師、探検家。

[41] 「そのインキの最後の一滴までもかける覚悟が出来ている」(原典直訳)

[42] Edward Ponsonby, 8th Earl of Bessborough(1851~1920)第8代ベスバラ伯爵。ダンカノン子爵としても知られる。1884~1895年英國下院議長を務めた。

[43] Sir Charles Vere Ferrers Townshend(1861~1924)は第一次大戦メソポタミアで連合軍最悪の戦いを行ったと言われる将軍。1918年まで戦争捕虜として過ごした。クート・アル・アマラをトルコに渡した同一人物。

[44] ヴォージュ山脈(フランス語)のドイツ名。ロレーヌ(ロートリンゲン)の南に位置する1000m級の山脈。

[45] 又はブール人。Boerはオランダ語で「農民」の意。17世紀に南アフリカケープタウンに移住したオランダ人やナントの勅令以後迫害されたフランス人プロテスタントの亡命者の子孫。今ではアフリカーナーと呼ぶ。

[46] James Ramsay MacDonald(1866~1937)英国の政治家。労働党党首。英国初の労働党の首相。

[47] Maubeugeはベルギー国境にあるフランスの要塞の町。元スペイン領オランダの町で17世紀仏領となり、ルイ14世によって要塞が補強された。第一次大戦初期にドイツの手に陥ちた。

[48] 原文では原典の(これは恐らく非合法である)が略されている。原文:「サンダーハムの領事たるドイツのフリーメーソン結社員に対し、反逆罪の名の下に死刑の宣告をなした。」Sunderham の地名については不明。

[49] 当時はアラスカ・ハワイが合衆国でなかった爲、全米48州であった。(つまり上院議員は96名)

[50] Albert Auguste Gabriel Hanotaux(853~1944)ガブリエル・アノトーはフランスの政治家・歴史家。1894~1895、1896~1898年外相、1898年植民地相を務めた。

[51] John Joseph "Black Jack" Pershing(1860~1948)はアメリカの陸軍軍人。第一次大戦欧州派遣軍の総司令官。この時パーシングの副官の一人だったのがジョージ・C・マーシャルとダグラス・マッカーサー

[52] 原文:サンシーエル。原典でSt. Mihiel(サン=ミエル)と確認。サン=ミエルはヴェルダンの南約30キロにあるロレーヌ(ロートリンゲン)地方ミューズ県の町。独仏の係争地であったロレーヌの西端にあたる。

[53] Oscar Solomon Straus(1850~1926)はアメリカ合衆国の政治家。セオドア・ルーズベルト大統領の下で1906~1909年、合衆国商務長官を務めた。

f:id:caritaspes:20191202004441p:plain